シャープ、「IFA 2012」で次期iPadやiPad miniへの搭載が噂されているIGZOディスプレイを展示

9 to 5 Macによると、現在ドイツのベルリンで開催されている「IFA 2012」にて、シャープが次期iPadやiPad miniへの採用が噂されている「IGZOディスプレイ」の展示を行っているそうです。

下記画像は現在主流のa-Si (アモルファスシリコン) ディスプレイとIGZOディスプレイとの比較画像で、IGZOの方がベゼル部分がより細く出来るようです。

(image source:9 to 5 Mac)

また他にも低い消費電力の性能をアピールする展示なども行われていたようで、IGZOディスプレイではより低いレベルのノイズによりタッチ精度なども向上するようです。

なお、9 to 5 Macには多数の写真が公開されていますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事