Tapbots、「Tweetbot for Mac」のアルファ版の公開停止を発表

本日、Tapbotsが、人気Twitterクライアント「Tweetbot」のMac版である「Tweetbot for Mac」のアルファ版の公開を停止した事を発表しています。

(Alpha 4のスクリーンショット)

アルファ版公開停止の理由は先日にTwitterが発表したAPIの利用ルール変更によるもので、このルール変更により現在のトークン数の200%(2倍)に到達した後は既存ユーザー向けにアプリを保守管理してゆくことはできても、Twitter社の許可なしで新規ユーザーの追加はできなくなる事から、もしユーザーがアルファ版を試用したものの正式に使用しない場合にそのトークンの枠が1つ減ってしまう為、「Tweetbot for Mac」の正式リリースまでトークンの枠を確保しておく必要があるためアルファ版の公開を停止したとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事