Apple、「OS X 10.8.1」をリリース

本日、Appleが「OS X 10.8.1」をリリースしています。

「OS X 10.8.1」では、オペレーティングシステムの一般的な問題が修正されており、適用する事によりお使いのMacの安定性と互換性が向上するそうです。

なお、「OS X 10.8.1」では下記の問題が修正されているとのこと。

・移行アシスタントが予期せず終了する原因となる問題を修正
・メールでMicrosoft Exchangeサーバに接続する際の互換性が向上
・Thunderbolt ディスプレイでオーディオを再生する際の問題を修正
・iMessageでメッセージを送信できない原因となる問題を修正
・ロングネームでSMBサーバに接続する際の問題を修正
・拼音入力の使用中にシステムが応答しなくなる問題を修正

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。