「Mountain Lion」でのバッテリー寿命低下問題は「OS X 10.8.1」で解決へ

以前に「OS X Mountain Lion」へアップグレードした一部ユーザーがアップグレード後にバッテリー寿命が短くなったとの問題を報告しており、その後、Appleも調査を開始した事をお伝えしましたが、Softpediaによると、現在ベータテスト中の「OS X 10.8.1」ではバッテリー寿命低下問題がかなり改善されていることが開発者により確認されたそうです。

なお、「MacBook Pro」を使用している開発者によると、「OS X 10.8」の時のフル充電時のバッテリー駆動時間は”4時間5分”だったが、「OS X 10.8.1」にした後は”8時間以上”になったそうです。

この問題に関しては個人の使用環境や個体差などもある為、「OS X 10.8.1」で実際にどれだけ改善するのかはユーザーごとに差がありそうですが、ある程度の改善は期待しても良さそうな感じですね。

【関連エントリ】
 ・Ars Technica:「Mountain Lion」にアップデート後はバッテリー駆動時間が38%低下
 ・Apple、「Mountain Lion」でのバッテリー寿命低下問題の調査を開始
 ・「Mountain Lion」でのバッテリ寿命低下問題の報告数は2011年モデルに多い?!
 ・「Mountain Lion」へアップグレード後はバッテリー寿命が短くなる?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。