故ジョブズ氏宅から盗まれた「iPad」は大道芸人の手に渡っていた事が明らかに

先日、7月に故スティーブ・ジョブズ氏の家からMacや貴重品などが盗まれた事件が発生していた事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、盗まれた3台の「iPad」のうち1台が大道芸人の手に渡っていた事が明らかになったそうです。

その大道芸人の”Kenny the Clown”は事件の犯人であるKariem McFarlinの友人であり、問題の「iPad」は犯人に貰ったそうです。

“Kenny the Clown”は貰った「iPad」でゲームやウェブサーフィンなどはせず、大道芸のバックミュージックを流す為に利用していたそうで、犯人が告発されるまでその「iPad」がジョブズ氏の家のものだった事は知らなかったそうです。

【関連エントリ】
 ・故ジョブズ氏宅に入った泥棒が盗んだ物が明らかに
 ・ジョブズ氏の家から480万円相当のコンピューターなどが盗まれる事件が発生していた

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。