米SPIGEN SGP、早くも次期iPhone用の液晶保護フィルムの販売を開始

米SPIGEN SGPが、早くも次期iPhone用とされるスクリーンプロテクター(液晶保護フィルム)の販売を開始しています。

既に販売されているのは、「Ultra Oleophobic」と「Ultra Crystal」の2種類で、これら液晶保護フィルムはこれまでに流出しているフロントパネルと同じくFaceTimeカメラが真ん中上部に移動しており、4インチのフロントパネルに合うように設計されているようです。

この液晶保護フィルムが、流出したフロントパネルから作製されたものなのか、既に次期iPhoneの設計図をAppleから入手して作製したものなのかは不明ですが、13.99ドルで実際に販売されています。

なお、SPIGEN SGPの日本のオンラインストアではまだ同フィルムは販売されていません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。