中国のタブレット市場での「iPad」のシェア、第2四半期は72%以上に

DigiTimesによると、2012年第2四半期(4~6月)の中国市場でのタブレット販売台数シェアで「iPad」が72%以上を占め1位になったようです。


これはAnalysys Internationalの調査結果に基づくもので、同期間に中国市場で販売されたタブレットの総販売台数は前四半期比7.8%増の234万台だったそうです。

「iPad」のシェアは前四半期比20.06%増の72.66%となり、ほぼ独占状態となっているようで、2位はLenovo (8.38%)、3位はEben (3.63%)、4位はSamsung (3.59%) だったそうです。

ちなみに中国での「新しいiPad」の発売は7月末だった為、「新しいiPad」の販売台数はこの数字には含まれていません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事