「iOS 6」は既に次期iPhoneのディスプレイ解像度に対応している?!

9 to 5 Macによると、iOS SDKに含まれるiOSシミュレーターからAppleが次期iPhoneで採用すると言われているディスプレイ解像度をテストしている証拠が見つかったそうです。

iOS SDKに含まれるiOSシミュレーターを次期iPhoneのディスプレイ解像度と言われている640×1136ピクセルの解像度で動かす事が出来たそうで、640×1136ピクセルで動かすと「iOS 5.1」のシミュレーターはホーム画面のアイコンが4段表示になるものの、「iOS 6」のシミュレーターでは5段表示になるようになっており、「iOS 6」が既に640×1136ピクセルの解像度に対応している事が予想出来るとのこと。

(image source:9 to 5 Mac)

なお、640×1136ピクセル以外の解像度ではアイコンは5段表示にならないそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。