「Apple TV Software beta 4」はバグフィックスがメイン

本日、「iOS 6 beta 4」と共に「Apple TV Software beta 4」がデベロッパヘリリースされましたが、Engadgetが、「Apple TV Software beta 4」での変更点及び修正点を報じています。

「Apple TV Software beta 4」では、間違ったディスプレイ解像度で表示される問題や「Remote」アプリを使用した際に再起動する問題、システム言語を変更する際に再起動する問題、2度目にログインした際にフォトストリームが正常にロードされない問題などが修正されているそうです。

また、「Apple TV Software beta 4」をインストールするとスクリーンセーバーがデフォルトに戻る場合があり、写真のスライドショー再生時に音楽が掛からないそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。