「Mountain Lion」でのバッテリ寿命低下問題の報告数は2011年モデルに多い?!

先日、一部ユーザーから「OS X Mountain Lion」へアップグレード後にバッテリー寿命が短くなったとの問題が報告されている事をお伝えしましたが、Razorianflyが、「MacBook Pro」と「MacBook Air」のユーザーに対し「OS X Mountain Lion」へのアップグレード後にバッテリー寿命の低下を経験しているかどうかについて読者へアンケート調査を行っています。

その途中結果が下記の通りで、回答が「はい」(バッテリー寿命が短くなっている) か「いいえ」(そう思わない) の2択のみとなっている事から、「はい」の回答には大幅に低下したユーザーから若干減ったように感じるユーザーまで全部含まれてしまっていると思われますが、「はい (バッテリー寿命が短くなっている)」と答えたユーザーは66.66%と全体の3分の2を占める結果となっています。

その中でも一番問題の報告数が多いのが「MacBookPro8,1/8,2/8,3 (Early 2011/Late 2011)」で、「MacBook Pro」も「MacBook Air」も2011年モデルでバッテリー寿命の低下を感じているユーザーが多いようです。

ただ、総投票数が不明である事や、バッテリー寿命の低下は個々の使用状況や感覚にもよるところが大きいため、あくまでご参考まで。

【関連エントリ】
 ・「Mountain Lion」へアップグレード後はバッテリー寿命が短くなる?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。