Apple、「iOS 6」に続き「Mountain Lion」にも「Avenir」のフォントを搭載

以前にAppleが「iOS 6」の新しい地図アプリなどで「Avenir」というフォントを新たに採用している事をお伝えしましたが、GIZMODOによると、「OS X Mountain Lion」にも「Avenir」が搭載されている事が分かったそうです。

「Mountain Lion」から新たに搭載されたのは「Avenir」「Avenir Next」「Avenir Next Condensed」の3つの書体ですが、現時点ではまだシステムや純正アプリなどで同フォントは使用されていないようで、「iOS」のように「Avenir」が「OS X」の純正アプリなどでも採用されるのかは現時点では不明です。

なお、この「Avenir」はAdrian Frutiger氏がデザインしたもので、スターバックスのブランド書体としてパッケージに使用されていたり、JALのロゴにも一時期採用されていたようです。

【関連エントリ】
 ・「iOS 6」のフォントリスト
 ・Apple、「iOS 6」の地図アプリのフォントに「Avenir」を採用

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。