「iPhone」の試作デザイン、Sony風よりも更に古いデザインが明らかに

先日、AppleとSamsungの特許侵害訴訟の裁判資料からAppleのデザイナーがSony製品のデザインから着想を得たり、“Sony風”の試作デザインを行ったりしていたことが明らかになり、Samsungが「AppleはSonyのデザインを盗んでいる」と主張している事が話題になりましたが、The Vergeによると、新たに明らかになった裁判資料から、Appleは問題となったSony風の試作デザインよりも数ヶ月も前に「Purple」と呼ぶ現在のiPhoneに似た試作デザインを作成していた事が分かったそうです。


そのデザインが下記画像で、「Purple」は2005年8月に作成され、「Sony風デザイン」(Nishibori Design)は2006年3月に作成されている事から、AppleがSonyのデザインを盗んだというSamsungの主張が覆る事になるようです。

(image source:Engadget)

なお、Sony風のデザインについては、もしSonyが「iPhone」をデザインしたらどうなるのかといった感じのサイドプロジェクト的に作成したものであり、 「iPhone」の最終的な製品デザインには影響を与えていないとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事