Microsoft、フライトシミュレータ「Microsoft Flight」の開発を中止

Kotakuによると、Microsoftがフライトシミュレータ「Microsoft Flight」の開発を中止した事を明らかにしたそうです。

MSFlight_P-51_Sunrise_Honolulu.jpg

人数などは確認出来ていないものの、Microsoftは「Microsoft Flight」の開発を行っていたバンクーバーのゲームスタジオの一部人員を解雇したと言われています。

なお、Microsoftは20年にわたる歴史を誇る「Microsoft Flight Simulator」シリーズの開発を2009年1月に一度終了しており、今年2月末にその後継となる「Microsoft Flight」をリリースしていましたが、また開発が中止されたようです。

これによりアップデートや追加コンテンツのリリースは終了となるようですが、サポートは継続され、現在リリースしているバージョンは引き続きダウンロード可能とのこと。

フライトシミュレータファンとしては残念ですね。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Microsoft Flight」を2月29日に正式リリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事