Apple、「Pages 4.2」と「Keynote 5.2」と「Numbers 2.2」をリリース

本日、AppleがMac App Storeで「Pages 4.2」と「Keynote 5.2」と「Numbers 2.2」をリリースしています。

まず、「Pages 4.2」は、このアップデートにより「OS X Mountain Lion」のサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられるとのこと。

  • iCloud:iCloudに書類を保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスで書類に加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらが書類に表示されていきます。
  • 次に、「Keynote 5.2」は、このアップデートにより「OS X Mountain Lion」のサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられるとのこと。

  • iCloud:iCloudにプレゼンテーションを保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスでプレゼンテーションに加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらがプレゼンテーションに表示されていきます。
  • 最後に「Numbers 2.2」は、このアップデートにより「OS X Mountain Lion」のサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられるとのこと。

  • iCloud:iCloudにスプレッドシートを保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスでスプレッドシートに加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらがスプレッドシートに表示されていきます。
  • また、「Pages 4.2」と「Keynote 5.2」と「Numbers 2.2」は新しい MacBook Pro の Retina ディスプレイの利点を引き出すように拡張されているため、プレゼンテーションがより生き生きと鮮やかに表示されるそうです。

    Pages
    価格:¥1,700 (記事公開時)

    Keynote
    価格:¥1,700 (記事公開時)

    Numbers
    価格:¥1,700 (記事公開時)

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    この記事を書いた人

    taisy0

    新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
    現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。