「Windows RT」タブレット、発売当初はメーカーの数が制限される模様

PhoneArenaによると、発売当初は「Windows RT」タブレットを製造及び販売出来るメーカーの数が制限されているようです。


MicrosoftはNvidia、Texas Instruments、Qualcommといったチップメーカー3社と協力する事を明らかにしていますが、同社はこれら3社が協力しても良いタブレットメーカーの数は最高で2社までと制限している模様。

なお、NvidiaはAsusとLenovo、Texas Instrumentsは東芝、QualcommはSamsungとHPとそれぞれ協力しているようですが、HPは「Windows 8 RT」搭載タブレットの製造及び販売計画をキャンセルした為、現在はHPに代わってDellがQualcommと協力しているようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事