Microsoft、「Windows ストア」の価格設定などの情報を公開

Neowin.netによると、米Microsoftが「Windows 8」の正式リリースと共に正式サービスを開始する予定のアプリストア「Windows Store」の価格設定に関する情報を公開したそうです。

現在利用可能な「Windows 8 Release Preview」では全てのアプリが無料で配信されていますが、10月26日の正式サービス開始と共に有料で販売する事が可能になり、アプリの価格は1.49ドルから999.99ドルの間で設定可能とのこと。

アプリ開発者への支払いは毎月1回で、アプリの純収益の合計が25,000USドル未満の場合の手数料は純収益の30%で、アプリの純収益の合計が25,000USドルに到達した後は手数料が引き下げられ、アプリの純収益合計額の20%になる仕組みとなっています。

また、開発者は無料の試用版も提供する事が可能とのこと。

(via.Windows Store blog)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。