「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」はEPEAT認定を失効する可能性も?!

昨日にAppleがEPEAT(米国の環境基準認定)へ復帰したと共に「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」もEPEATのゴールド認定を取得した事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、もしかしたら「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」はEPEAT認定を失う可能性があるそうです。



「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に対するEPEATのレビューはまだ掲載されていない事から評価を受けていない段階で、EPEAT認定の仕組みとしては製品の評価を受ける前にまずサイトに掲載され、正式評価後にランクが再決定されるようです。

以上の事から、バッテリーが接着剤で付けられリサイクルし難い製品と言われている「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」はEPEAT認定を正式に取得出来ないのではないかとみられています。

【関連エントリ】
「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」もEPEATの認定を取得

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事