Apple独自の地図が「Mac」にも統合される事が予想出来るヒントが「iOS 6」で発見される

9 to 5 Macによると、Appleが「iOS 6」から提供を開始する新しい地図が将来的にMac向けにも提供される事が予想出来るヒントが「iOS 6 beta」のコード内で見つかったそうです。
下記画像の通り、「iOS 6 beta」の「altitude_manifest.xml」というファイルにIntelベースのグラフィックスチップセットに関する記述が見つかったそうで、これがAppleがMac向けの地図アプリを開発しているという確たる証拠ではないものの、iOS上の地図とMountain Lionのコアアプリや機能との間で統合される可能性がある事を示唆しているとのこと。

apple-maps-mac-2.jpg
(クリックにて拡大 / image source:9 to 5 Mac)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事