Apple、米環境基準EPEATの認定を取り下げ

apple logo1.jpegITmediaによると、Appleが米国の環境基準EPEAT(Electronic Product Environmental Assessment Tool)の認定を取り下げ、今後の製品で認定を申請しないと申し出た事が明らかになったそうです。
既にMacBook ProやMacBook Airを含む39の製品の認定が取り下げられているとのこと。
EPEATの評価基準の1つに、製品が使用済みになった際にリサイクルしやすいよう設計することという項目があり、これが先月に発売され、最も修理し難い製品と言われている「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」が関係している事から取り下げされたのではないかとみられています。
【引用元】
 ・ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事