Apple、「iOS Developer Program」のUDIDアクティベーションを販売するサイトへの取り締まりを開始

iDownload Blogなどによると、Appleが登録済みの開発者ではないユーザーに対してUDIDアクティベーションを販売する非公式のサイトの取り締まりを開始したそうです。
まず違反サイトの仕組みを説明しておくと、iOS Developer Program (年会費:8,400円) に個人として登録した場合は100台までテスト用のデバイスを登録でき、その100台の枠を開発者登録していない普通のユーザーに対し有価で販売することで利益をあげているサイトの事を指し、ユーザーは8,400円の年会費を支払わずに安い価格(数ドル)でiOSのベータ版を使用する事が出来るようになり、UDIDアクティベーションを販売しているサイト側も数ドル×100台分から年会費を引いた額が設けになるようになっています。
なお、Appleはこれら違反サイトのホスティング・プロバイダに対し、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づき、違反サイトのサービス終了及びサイトの削除を要請しているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事