「Thunderbolt」ケーブルは2013年にも低価格化へ

ArsTechnicaによると、信号処理チップメーカーIntersil社のマーケティングマネージャーであるJohn Mitchell氏が、現在の「Thunderbolt」ケーブルのコネクタ部分にはICチップが4つ搭載されているものの、今年後半にはその数は2つまで減らされ、ケーブルの価格はより安くなるだろうと報告しているそうです。

ifixit_tbcable_apple.jpg (image source:iFixit)
また、技術の進歩により安いケーブルを利用可能になる事や歩留まりを改善しより低コストになる40nmプロセスで製造されるようになる事、製造工程中のテストの合理化なども低価格化へ繋がるようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事