タッチパネルメーカーWintekの売上が激減、次期iPhoneにインセル型タッチパネルが採用される兆候か?!

iphone5icons.jpgApple Insiderによると、現行のiPhone/iPadにタッチソリューションを供給しているタッチパネルメーカーのWintekの6月の売上高が前月比で33.6%も減少しており、これはAppleからの次世代製品に関する受注を逃したのではないかとみられているそうです。
33.6%の減少は2008年後半以降で最大の下落率で、これはAppleのタッチスクリーンデバイスの売り上げが減速している事が要因ではなく、Appleの次世代主要製品での市場シェアを失っている事が要因と考えられ、この事から次期iPhoneはWintekが提供していないインセル型タッチパネルを採用するのではないかと予想されています。
なお、次期iPhone向けのインセル型タッチパネルは、ソニーとシャープと東芝ディスプレイが提供すると噂されているようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。