「Photoshop」や「AutoCAD」のRetinaディスプレイ対応はまだ先になる模様

COMPUTERWORLDによると、Adobeの広報担当であるマリッサ・リー氏が「WWDCで見せたものは未公開のPhotoshopビルド版で、(MacBook Proの) Retinaに対応したアップデート版は今年後半にリリースする予定」と明らかにしたそうです。

macbookproretina.jpg
また同じくWWDCでデモを行ったAutodeskのAutoCAD製品マネージャーであるロブ・マグワイア氏も「公式なRetina対応製品リリースの予定はまだ立っていない」と述べているそうです。
ReederやVLCなど一部のサードパーティ製アプリは「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」のRetinaディスプレイに対応していますが、Adobeなどはまだもう少し時間がかかるようです。
【関連エントリ】
 ・VideoLAN、MBPのRetinaディスプレイに対応した「VLC 2.0.2」を
  リリース

 ・人気RSSリーダー「Reeder for Mac」がRetinaディスプレイに対応

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事