Google、「MacBook Air (Mid 2012)」のフリーズ問題に暫定対応した「Chrome」を公開

先日、「MacBook Air (Mid 2012)」で「Google Chrome」を使用した際にフリーズし、クラッシュしてしまう不具合が報告されている事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、本日、Googleがこの問題の原因が「Chrome」にある事を認め、同問題に暫定的に対応した「Google Chrome 20.0.1132.47」をリリースしています。

overview_gallery_sizessss.jpg
問題の原因は「Chrome」のGPUアクセラレーションに関係しており、今回リリースされたバージョンではこの機能の一部が無効化されているとのこと。
なお、完全に修復が行われたバージョンがリリースされるまでには数日掛かる見通しのようですので、どうしても「Chrome」を使用したい方は是非アップデートを。
【関連エントリ】
 ・「MacBook Air (Mid 2012)」に「Google Chrome」を使用した際に
  フリーズする不具合

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事