「Final Fantasy Dimensions」は「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」だった事が確定

以前にスクウェアエニックスが今夏にiOSとAndroid向けに人気RPGファイナルファンタジーの最新作である「Final Fantasy Dimensions」を発売するようだとお伝えしましたが、本日、スクウェアエニックスが「Final Fantasy Dimensions」の公式サイトの内容を更新し、新たな情報を公開しています。

それによると「Final Fantasy Dimensions」は英語版の名称で、日本語版の名称は「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」になるとのこと。

ffrelogo.jpg

なお、この「ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士」は2010年にフィーチャーフォン向けにリリースされたもので、スマートフォンへの移植版になるようです。

img_a_2.jpg

ロゴが同じであった事から移植版の可能性が高いとみられていましたが、完全な新作を期待していた方にはちょっと残念なお話です。
なお、各種公式サイトは下記リンク先へどうぞ。

 ・スマートフォン版
 ・フューチャーフォン版

【関連エントリ】
 ・スクウェア、今夏にFFの最新作「Final Fantasy Dimensions」をiOS
  とAndroid向けにリリースへ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事