NTTドコモの山田社長、「iPhoneの導入は現状の戦略下では難しい」との見解を再度示す

buystrip_iphone4s2.jpgロイターによると、本日開催されたNTTドコモの株主総会で、同社社長の山田氏が、株主から「iPhone」の導入予定を問われ、「現状の戦略下では導入は難しい」との見解を再度示したそうです。
なお、導入が困難な理由について、「おサイフケータイ」や「ネットワーククラウド」などの作り込みをAppleでは許可してもらえない他、「”iPhoneを取り扱いを始める場合は1300万台の半分以上をiPhoneで売ってください”と言われる可能性がある」と説明したそうです。
また、「ラインアップの1つとして入れてもいいということなら、入れてもいい」とも述べたそうです。
【引用元】
 ・ロイター
【関連エントリ】
 ・NTTドコモの加藤新社長、iPhoneについては「現状では導入は難しい」
 ・NTTドコモの山田社長、iPhoneの発売は"現状だと厳しい"

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。