MS、これまで「Surface」と呼んでいたテーブルトップPCの名称を「PixelSense」に変更

本日、Microsoftが「Surface」タブレットを発表しましたが、CNET JAPANによると、これまで「Surface」と呼ばれていたテーブルトップPCは「PixelSense」という名称に改称されたそうです。

Surface20.jpg
なお、この「PixelSense」という名称は、ユーザーの手の動きを検出する為に搭載されている技術の名前となっています。
【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Surface」発表イベントのビデオを公開
 ・Microsoft、「Surface」タブレットを発表

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事