NPDも今年第4四半期に「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の13インチ版発売と予想

昨日にKGIのアナリストであるMing – Chi Kuo氏が、Appleはホリデーシーズンに間に合うように10月上旬に「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の13インチモデルを発売するだろうと予測している事をお伝えしましたが、electronistaによると、米調査会社大手のNPD Groupも、ODMサプライチェーンを調査した結果、Appleは「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の13インチモデルを今年第4四半期(10〜12月)に発売するだろうと報告しているそうです。

macbookproretina.jpg
ODMサプライチェーンを調査した結果、既に13.3インチの高解像度パネルの生産準備は出来ているようで、その解像度は”2560×1600″ピクセルになるようです。
また、15.4インチモデルのRetinaディスプレイは歩留りの問題から大量生産開始が5月下旬までずれ込んだそうで、2012年の15.4インチ高解像度パネルの生産量は200万台未満と言われており、13.3インチ高解像度パネルの生産量は15.4インチの2倍の400万台になると言われているそうです。
【関連エントリ】
 ・アナリスト、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の13インチ
  モデルは10月上旬発売と予想

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事