「iOS 6」はステータスバーの色が使用中アプリに合わせて変化 & その仕組みも明らかに

「iOS 6」はステータスバーの色が使用しているアプリに合う色に自動で変化する機能が搭載されているのですが、Cult of Macによると、この色がどのように設定されるかの仕組みが分かったそうです。

ios6statusbar.jpg
(Photo by Cult of Mac)

その仕組みはアプリのヘッダー部分の一番下の1ピクセル幅の列の平均的な色が使用されるようになっているようで、下記画像のように色を読み取る列に”赤”と”青”の2色が使用されている場合は”紫”が表示される模様。

tumblr_m5ngyub4lS1qdzqvs.png
(Photo by Cult of Mac)

なお、この機能はアプリの開発者側で有効にする必要があるそうで、全てのアプリが対応している訳ではないようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事