あの人気RSSリーダーアプリ「Reeder for iPhone」がメジャーアップデート

本日、iOSで人気のRSSリーダー「Reeder for iPhone」がアップデートされ、「Reeder for iPhone 3.0」がリリースされています。

mza_1794082438220297775.jpg mza_4706444170819780144.jpg

「Reeder for iPhone 3.0」は新たに完全に書き直されており、Google リーダーの新しい認可方法を採用した事から、アカウントの設定を再度しなければならないようで、大部分の設定もリセットされてしまうとのこと。
変更点としては、Feverとの同期のサポート、Readabilityとの同期機能の改善、マルチアカウントのサポート、アプリ内セッティングなどなどその他にもかなり大幅に変更されています。
また、今バージョンでは、Facebookへの共有機能がまだ搭載されていないそうで、今後追加される予定とのこと。
なお、価格は250円で、今バージョンより「iOS 5.1」以降が必須となっています。
Reeder
価格:¥250 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。