「WWDC 2012」の基調講演時のツィート数の推移など

Yahoo!NEWSによると、調査会社のSimply Measuredが、先日に開催された「WWDC 2012」の基調講演時にTwitterでハッシュタグ”#WWDC”を含んだツィートのツィート数の推移や内容などをまとめた調査結果を明らかにしたそうです。

wwdc_2012.1d00d054026.jpg
(クリックにて拡大)
まず、「WWDC 2012」の基調講演の間に151,936以上の”#WWDC”を含むツィートが行われており、それは1分間に約1000ツィート行われていた事になるそうです。
また、その内容別で見ると「iOS 6」に関するツィートが一番多く、2番目に多かったのは新しいMacBookシリーズに関するツィートだったそうで、瞬間的にツィート数が一番多かったのは「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」が発表された時だったようです。
なお、あくまでハッシュタグ”#WWDC”が含まれるツィートだけを調査した結果の為、違うハッシュタグやハッシュタグが含まれていないツィートを含めるとかなりのツィート数になったものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事