「WWDC 2012」で発表された各種数値のまとめ

AllThingsDが、昨日の「WWDC 2012」の基調講演でAppleが明らかにした各種数値をまとめて公開しています。

wwdc_2012.jpg
箇条書きですが、日本語に訳すと下記の通り。
・「WWDC 2012」は23回目の「WWDC」
・「WWDC 2012」のチケットは発売開始から1時間43分で完売
・「WWDC 2012」には60カ国以上から参加者が来訪
・App Storeのアカウント数は4億以上
・App Storeのアプリ数は約65万本
 (うち22万5,000本がiPad向けアプリ)
・App Storeからのアプリダウンロード数は300億件
・App Storeのアプリ開発者への支払総額は50億ドル
・まもなく新たに32カ国でApp Storeのサービスを開始し、App Store
 のサービス提供国は155カ国に
・Macのユーザー数は6,600万人 (5年前の3倍)
・「OS X Lion」の累計販売本数は2600万本
・「OS X」ユーザーの40%が「OS X Lion」を使用
・「OS X Mountain Lion」は8回目のメジャーリリース
・「iCloud」のユーザー数は1億2,500万人
・2012年3月末までに販売したiOSデバイスの台数は3億6,500万台
・iOSユーザーの80%が「iOS 5」を使用
・iMessageのユーザー数は1億4,000万人
・iMessageで1日に約10億のメッセージが送信されている
・iMessageの累計送信メッセージ数は1,500億件
・iOSがこれまでに送ったプッシュ通知は1兆5,000億件
・Game Centerのアカウント数は1億3000万件
・Game Centerの一日のスコア送信数は50億件
・「iOS 5」からのツィート数は100億件以上
・Twitterへ投稿される写真の47%が「iOS 5」から

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事