「Thunderbolt ソフトウェア・アップデート 1.2」でカーネルパニックが発生する不具合

読者の皆さんからのコメントによると、本日、Appleよりリリースされた「Thunderbolt ソフトウェア・アップデート 1.2」のイ​ン​ス​ト​ー​ル中​に​エ​ラ​ー​が​出​て​再​起​動​し​た​ら​カ​ー​ネ​ル​パ​ニ​ッ​クが発生し、再起動しても同じ状況を繰り返し、セ​ー​フ​ブ​ー​ト​も​で​き​な​い​状​態​に陥る不具合が報告されています。

2012-06-11233432.jpg
なお、米Appleのサポートコミュニティーでも同様の報告が多数寄せられており、Appleから早急に何らかの対応があれば良いですが…。
もし心配な方で「Apple Thunderbolt – ギガビット Ethernet アダプタ」を使用する必要が無い方は、アップデートの適用を様子見した方が良いかもしれません。
【関連エントリ】
 ・Apple、「Thunderbolt ソフトウェア・アップデート 1.2」をリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事