Apple、中国の成都と深センの新しい直営店のオープンに向け各種手続きを進行中

以前に人材募集情報からAppleが中国の成都と深センに直営店をオープンする事を計画している事が分かったとお伝えしましたが、本日、ReuterもAppleは成都と深センの両市に直営店をオープンする計画のようだと報じています。

1ea8a54a150b0c0b9194-LL.jpg
Appleは深セン市の観光の中心である南山区のショッピングモール“Holiday Plaza”内にオープンする事を計画しており、現地時間の月曜日(6月4日)に深セン市に対し書類を提出したそうで、最終段階にあり、Appleは承認を得るために環境許可証を提出するだけだそうです。
また、Appleは5月下旬に成都市で小売販売とアフターサービスを行う為の許可を取得しているそうです。
【関連エントリ】
 ・Apple、中国の成都や深センに直営店をオープンへ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事