次期iPhoneはワイヤレスチップにBroadcomの「BCM4334」を採用か?!

iphone5icons.jpg本日、9 to 5 Macが、次期iPhoneのコード内にBroadcomの「BCM4334」というワイヤレスチップに関する記述が見つかったと報じています。
この「BCM4334」は40nmプロセスを採用し、「iPhone 4S」や「新しいiPad」に採用されている「BCM4330」に比べ消費電力が40〜50%減少しているそうです。
また、「Bluetooth 4.0」や「FMラジオ」に加え、「デュアルバンドWi-Fi」や「Wi-Fi Direct」をサポートしている事から、次期iPhoneは「AirDrop」の要件を満たすことになり、「iOS 6」にアドホックファイル共有プロトコルが追加された事を発見したとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事