「iOS 6」や「次期iPhone」のハードウェアに関する詳しい情報

本日、9 to 5 Macが、「iOS 6」のベータ版を徹底的に調べた結果、「iOS 6」や「次期iPhone」のハードウェアスペックについて現時点で分かった事をまとめて公開しています。

9to5macblackandwhite.jpg (Photo by 9 to 5 Mac)
なお、その詳細を箇条書きにまとめると下記の通りです。
・「iOS 6」のDarwinカーネルバージョンは”13.0.0″
・プロセッサはARMの”S5L8950X”を搭載

 (「iPhone 4S」は”S5L8940X”を、「新しいiPad」は”S5L8945X”を搭載)
・プロセッサのコア数やクロック数などは不明
・プロセッサはApple内部では「A5***」と呼ばれている

 (下三桁は情報元の保護の為、意図的に伏せられている)
・GPUは「SGX543RC*」を採用
 (最後の1文字は意図的に伏せてある)
・メモリは1GB
・搭載している「iOS 6」のビルドナンバーは”10A33X”
・iBootのバージョンは”153x.x” (「iOS 5」では”12xx.x.x”)
・Qualcommの古いベースバンドチップを搭載
・コードネームは「N41AP/iPhone5,1」

また、先日にBGRが公開していたものと同じ「iOS 6」の新しい地図アプリのスクリーンショットも掲載しており、3Dボタンは間違えて押す事が無いように右下のスクロールメニューの中にあるそうです。
ios-6-maps-iphone-redacted.jpg (Photo by 9 to 5 Mac)
なお、これらの情報はあくまでベータ版及び試作機からの情報の為、正式リリース時は変更されている可能性があります。
【関連エントリ】
 ・「次期iPhone」は4インチ (16:9) のディスプレイを搭載し、「iPhone 4S」に
  比べ約7㎜縦長に?!

 ・次期iPhoneのものと思われる各種パーツの写真が続々と
 ・「iOS 6」の新しい地図アプリの画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で