Apple、WWDCを前に直営店で何らかの準備を進めている?!

Apple Insiderによると、米テキサス州のあるApple Storeの従業員は6月5日に深夜作業を指示されているそうです。

wwdc_2012.jpg
従業員は遅くまで残って何の作業を行うのかはまだ知らされていないようで、WWDCを前にしたサイネージの変更や売り場の製品の再編成などが予想されるそうですが、去年は6月16日に開始された「Back to School」(新学期を始めよう)のキャンペーンに関連した作業の可能性もあり、従業員自身も新しいハードウェアの導入に関する売り場変更ではないと予想しているそうです。
また他にも、クパチーノのApple本部からネットワークエンジニアがApple Storeを突然訪れ、サーバー室閉じこもって何らかの作業を行っているとの情報もあるようですが、何の為なのか詳しい事は分かっていないようです。
これらが何を示しているのかは不明なものの、AppleはWWDCを前に何か準備をしているのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事