「次期iPhone」は4インチ (16:9) のディスプレイを搭載し、「iPhone 4S」に比べ約7㎜縦長に?!

昨日、アイラボファクトリーが公開した次期iPhoneのものと思われる設計図は各所にぼかしが入っており詳細を読み取ることが出来ませんでしたが、MacRumorsによると、Cydia Blogが同じ設計図のぼかし無しの完全なバージョンの写真を公開しているそうです。
まず、設計図の数値などによると、この「iPhone」は約4インチでアスペクト比16:9のディスプレイを搭載する予定であるが分かったそうです。

iphone_5_panel_schematic_large.jpg
(クリックにて拡大)
また、パーツの設計図なので実際の本体の高さより少し小さいと予想されるものの、この図面のパーツの高さは122㎜となっており、「iPhone 4S」の高さより約7㎜縦長になっている事も分かったそうです。
なお、この図面の「iPhone」が試作機なのか本当の次期iPhoneなのかは不明ですが、Appleが4インチのディスプレイを採用する事を検討している可能性はかなり高そうです。
【関連エントリ】
 ・アイラボファクトリー、次期iPhoneのものと思われる設計図の画像を公開

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事