次期iPhoneのものと思われる各種パーツの写真が続々と

本日、相次いで次期iPhoneもしくはその試作機のものと思われる筐体の写真が明らかになりましたが、9 to 5 Macが、次期iPhoneのものと思われるパーツの新しい写真を公開しています。
まずホワイトモデルとブラックモデルの筐体の比較写真が下記画像で、素材は金属製となっており、下部には小型のDockコネクタやイヤフォンジャックが搭載される事が予想でき、謎の穴がカメラとLEDフラッシュの間に開いています。

9to5macblackandwhite.jpg (Photo by 9 to 5 Mac)
なお、この謎の穴については、ビデオ撮影用のマイクがカメラ横に移動されるのではないかと予想されています。
次の写真はホワイトモデルの中間フレームの写真となっており、ホームボタンが引き続き搭載される事が予想でき、大きさについてはiPhone 4/4Sと同じ幅であるものの高さがより長くなっているそうです。
white9to5frame.jpg (Photo by 9 to 5 Mac)
最後の写真が次期iPhoneのブラックモデルのフロントガラスと思われる写真で、このガラスも横幅はiPhone 4/4Sと変わらないものの高さがより長くなっているそうです。
forntglass9to5.jpg (Photo by 9 to 5 Mac)
また、フロントカメラが電話用スピーカー上部に移動してきています。
なお、9 to 5 Macには、上記写真の高解像度版が掲載されていますので、是非そちらもどうぞ。
【関連エントリ】
 ・次期iPhoneのホワイトモデルの筐体の写真?!
 ・これが次期iPhoneの筐体?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で