次期iPhoneの生産は2012年第2四半期末もしくは第3四半期に開始か?!

iphone5icons.jpg本日、DigiTImesが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、Appleの次期iPhoneの生産は2012年第2四半期末もしくは第3四半期に開始される予定だが、LG Displayやジャパンディスプレイ、シャープのスマートフォン向けインセル型タッチパネルの生産歩留りが十分に高くない場合、他のスマートフォンベンダーへのLTPS(低温 ポリシリコン)高解像度タッチパネルの供給がタイトになりそうだと報じています。
情報筋は、次期iPhoneの為に326ppiの画面解像度を達成するにはLTPS技術が必要になると述べており、iPhoneは2012年~2013年にLTPSタッチパネルの実生産量の70%を使用するとみられている事から、他のスマートフォンベンダー向けの同パネルの供給がタイトになる可能性があるとのこと。
【関連エントリ】
 ・ソニーモバイルディスプレイ、次期iPhone向けインセル型タッチパネルの
  量産を5月末より開始か?!

 ・次期iPhoneはやはりインセル型タッチパネルを採用か??

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事