70%の「iPhone」がFoxconnの鄭州工場で製造されている

M.I.C Gadgetによると、iPhoneの全生産台数の70%が中国河南省にあるFoxconnの鄭州工場で製造されている事が分かったそうです。
鄭州工場では1日につき40万台のiPhoneが製造されており、世界に向け出荷されているそうで、中国のテレビ局が撮影した鄭州工場の様子を映したニュース映像が下記の2本です。


なお、インタビューを受けている女性の労働者によると、1日8時間労働で、午後と午前に15分ずつの2回の休憩と50分の昼休みが与えられているそうで、月に2000〜3000元(25000円〜37000円)を稼ぐそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事