Appleがパロアルト市に建設予定の新しいデザインの直営店の計画が明らかに

MacRumorsによると、Palo Alto Onlineが、「Apple Store, Stanford」の近くに出来る新しいガラス張りの直営店の計画を明らかにしたそうです。

stanfordapplestore.jpeg
(クリックにて拡大)
新店舗の店内はガラスの壁に囲まれたフロントエリアと従来のApple Storeのようにテーブルやカウンターが置かれたバックスペースの2つのエリアが用意されているようで、初期の図面を見た業界筋は、その設計は見事であり、ニューヨークにある「Apple Store, Fifth Ave」に何らかの類似性があると述べているそうです。

なお、同店舗は今年末までにオープンする予定で、オープン後は「Apple Store, Stanford」は閉店になるようです。

また、Appleはこの店舗と同じような総ガラス張りに近いデザインの直営店をポートランドやフランス南部のエクス・アン・プロヴァンスという街にもオープンさせる事を計画しています。
(下記関連エントリ参照)

【関連エントリ】
 ・新しいデザインの「Apple Store」のイメージ画
 ・Apple、フランスに総ガラス張りに近いデザインの直営店を計画か?!
 ・Apple、パロアルト市に試験的な新しい直営店を建設へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で