IBM、社内ネットワークでの「Siri」の利用を禁止

features_siri_icon.pngApple Insiderによると、IBMが、セキュリティ上の都合として「iOS」のSiriと音声入力機能を社内ネットワークから利用出来なくしたそうです。
「iOS」のSiriや音声入力機能は、ユーザのリクエスト(音声データ)をAppleのサーバに送信することで機能しており、その音声データがAppleのサーバに一度保存される事からセキュリティ面を心配して決定された事だそうです。
また、iCloudもIBMの内部サーバから遮断されており、代わりに「MyMobileHub」と呼ばれる社内ホストサービスを利用させているそうです。
なお、IBMのこのような保守的な方針はAppleだけに限った事ではないようで、Dropboxのようなサードパーティ製ファイル転送サービスも使用が禁止されているとのこと。
【関連エントリ】
 ・故ジョブズ氏は「Siri」という名前が好きじゃなかった

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事