「iPhone」を盗んだ犯人がフォトストリーム機能により発見される

Cult of Macによると、とある女性のiPhoneを盗んだ犯人が、そのiPhoneで撮った写真が自動的に「iCloud」のフォトストリームにアップロードされ自ら顔をさらしてしまうという失態が明らかになったそうです。

Screen-Shot-2012-05-22-at-9.08.jpg

iPhoneを盗まれたのはKaty McCaffreyさんという女性で、4月に「ディズニークルーズワンダーライン」に乗船し、その時にiPhoneを盗まれたそうです。
その後、Katy McCaffreyさんのフォトストリームに犯人が撮影した写真が多数アップロードされてきた事から犯人の顔や仕事が判明したそうで、犯人が撮影した写真がこちらに掲載されています。
写真の内容から犯人は船の乗組員で、彼女は既にディズニークルーズラインに連絡し、写真も送付しており、上手くいけばiPhoneが戻ってくるかもしれないそうです。
GPSで無くしたiPhoneが見つかるというのは良くある事ですが、こんな事もあるんですね〜。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。