Apple、3.95インチのディスプレイを搭載した次期iPhoneの試作機をテスト中か?!

9 to 5 Macによると、Appleはコードネーム「N41AP (iPhone 5,1)」と「N42AP (iPhone 5,2)」という2台のiPhoneの試作機のテストを行っており、その試作機は3.95インチで解像度が640×1136ピクセルのディスプレイを搭載しているそうです。

iphone4inch8.jpg
また、これらの試作機はプレEVT段階と言われており、この2台のうちのどちらが実際にリリースされるのかは不明とのこと。
(「EVT」は最終試験の”DVT”(設計確認試験)の一つ前の段階である”技術確認試験”の事を指します。)
訂正:”DVT”の後にはまだ”PVT”と呼ばれる段階があるそうです。(Thanks! あんさん)
そして、Appleはこの新しいiPhoneのディスプレイに対応した「iOS 6」のカスタムビルドもテストしているそうで、ホーム画面のアイコンの縦の数が現在の4段から5段になっているとのこと。
他にも、上記2台の試作機のディスプレイ以外のハードウェアに関しては、従来通りのホームボタンを搭載し、MicroUSBとmini USBの間くらいの大きさの小型のDockコネクタを搭載しているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事