AppleのNCデータセンターは再生可能エネルギーだけで稼働へ

CNET JAPANによると、Appleがノースカロライナ州メイデンの同社データセンターを2012年中に再生可能エネルギーだけで稼働できるようにする予定だと明らかにしたそうです。

maiden_data_center_power.jpg

Appleはデータセンター横に太陽光発電施設と燃料電池発電施設を建設中ですが、これらを全て合わせればデータセンターの稼働に必要な電力の60%をまかなうことができるようになり、残りの40%は「地元で得られる」再生可能エネルギーを利用するとのこと。

【引用元】
 ・CNET JAPAN
【関連エントリ】
 ・AppleのNCデータセンターの燃料電池はBloom Energy社が供給へ
 ・Appleが建設予定の燃料電池発電システムの一部詳細が明らかに
 ・AppleのNCデータセンターの燃料電池システムはBloom Energy社
  が供給か?!

 ・Apple、NCデータセンターの太陽光発電施設にはサンパワー社のソーラー
  パネルを採用へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。