次期iPhoneが4インチディスプレイを採用した場合のアプリ表示範囲の比較

ここ最近の噂では次期iPhoneは最低でも4インチのディスプレイを採用すると言われていますが、9 to 5 Macによると、Overdrive DesignのNiilo Autio氏が、4インチ(640×1152)のディスプレイになった場合の各種アプリの表示イメージを作成し公開したそうです。
その一部が下記画像ですが、ディスプレイの縦幅が大きくなる分、アプリの表示範囲が広がっています。

iphone4inch1.jpg iphone4inch9.jpg iphone4inch8.jpg
なお、9 to 5 Macには他にも多数のイメージ画が掲載されていますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事