次期MacBook ProはRetinaディスプレイを採用する事でコストが約100ドルアップ?!

現在、Retinaディスプレイを搭載した次期MacBook ProがWWDC 2012で発表されると噂されていますが、MacRumorsによると、そのRetinaディスプレイの価格は非Retinaディスプレイに比べ最高で100ドルほど高くなるそうです。

overview_hero20110224.jpg

DisplaySearchのアナリストであるRichard Shim氏は、13.3インチと15.4インチの高解像度パネルは供給元より既に入手可能だと述べており、15.4インチ版の解像度は2880×1800ピクセルでピクセル密度は220ppiになり、その価格は160ドル(現在のディスプレイは68ドル)になるそうです。
また、13.3インチの解像度は2560×1600ピクセルで価格は134ドルになるようで、17インチモデルについては13インチと15インチと同じアップデートが行われるのかは不明とのこと。
なお、これらのディスプレイのコストアップが実際に製品の価格に反映されてくるのかも不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。