次期MacBook Airと次期iMacもRetinaディスプレイを搭載か?!

9 to 5 Macが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleは新しいMacBook Airの11.6インチと13.3インチモデルを準備しており、次期MacBook Airはデザインに大きな変更はないものの、”Ivy Bridge”プロセッサを搭載し、Retinaディスプレイをサポートする為にグラフィックスエンジンに改良が加えられているようだと報じています。

mba_retina.jpg (イメージ画:Photo by 9 to 5 Mac)
また、次期MacBook Airの内部コンポーネントの試作版をよく知る人物によると、次期MacBook AirはRetinaディスプレイを搭載する為にApple独自の改善されたバッテリー技術を採用しており、USB 3.0については現在のところ搭載されるのかどうかは未決定のようです。
ただ、情報筋によると、MacBook Airの薄くて軽いフォームファクターにRetinaディスプレイを搭載する事は、Appleとその製造メーカーに課題をもたらす可能性がある事からリリース時期を特定する事は非現実的とのこと。
また、より高解像度のiMac向けディスプレイパネルもサプライチェーンの中で発見されているようですが、リリーススケジュールについては不明とのこと。
【関連エントリ】
 ・次期MacBook Proに加え、次期iMacも高解像度ディスプレイを採用か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事