7.85インチ版iPadは薄膜技術を用いたタッチパネルを採用か?!

DigiTimesが、業界筋によると、Appleは7.85インチ版iPadにGF2薄膜技術を用いたタッチパネルを採用するようだと報じています。
重要な薄膜材料は日東電工が供給し、日本写真印刷とTPKがタッチスクリーンを生産するようで、このGF2薄膜技術を使用する事でコスト低減と従来のiPadよりも薄くする事が可能になるとのこと。
(GF2に関する説明も書かれていますが、良く理解できませんので省かせて頂きます。汗)
なお、関係者は今年に700~1,000万台の「iPad mini」が出荷されるかもしれないと述べているそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。